講演

2006年12月10日 (日)

【道場やぶり?】

職業リハビリテーションというのは、障害や疾病のために働くことが困難な状況にある人が職業訓練を受けたり、事業主が職場環境を改善して、働くことができるようにすることを指します。
幕張にある障害者職業総合センターは、職業リハビリテーションの中枢センターで、職業リハビリテーションに関する調査、研究、職業カウンセラー・ジョブコーチの養成と研修などを行っています。
職業リハビリテーション研究発表会は年1回行われ今年で14回目を数え、私は第8回以来、7年連続して発表しています。
7年前は職業カウンセラーの方が中心のどちらかというと身内の発表会という感がありました。そこに働く障害者の弁護団という肩書きで政府や厚生労働省の方針を批判したので、道場破りのようでした。弁護士で発表しているのは過去をさかのぼってもどうやら私だけのようです。今では障害者職業センターの方たちとも親しくなりました。

          Img_0390_1206syokuriha4_1

| | コメント (0)

2006年12月 8日 (金)

【職業リハビリテーション研究発表会】

12月5・6日の両日、幕張(千葉市)のOVTAと障害者職業総合センターにて、第14回職業リハビリテーション研究発表会(主催:独立行政法人高齢・障害者雇用支援機構)がありました。
私は、12月6日(水)、以前ブログでも紹介しています論文、「職場うつの発症因子と復職のための条件を発表しました。

この日は天候もよく、海浜幕張駅から会場まで、公園を通り徒歩で15分程気持ちのよい行程でした。

        Img_0383_1206syokuriha1_1

        Img_0384_1206syokuriha2

| | コメント (0)