« マンション法2 老朽長屋の取毀しは自由か? | トップページ | あつき君(孫)とイチ君(柴犬)と緊急ご協議? »

2013年9月15日 (日)

問う 集団的自衛権「タカ派の平和ボケ危険」

【問う 集団的自衛権「タカ派の平和ぼけ危険」 軍事ジャーナリスト田岡俊次氏】
                (2013年9月14日 朝日新聞 より)

 ---米国は,集団的自衛権の行使容認に熱心な安倍晋三首相を評価していると思いますか。
 「今の米国の国家目標は財政再建と輸出倍増だ。そのために,巨大市場を抱える中国を封じ込めるのではなく,抱き込もうと努力している」
 「行使容認は中国の猜疑心を招きかねない。もはや米国にとって集団的自衛権は無意味で,日本の動きに冷淡な態度を示さざるを得ないだろう。日本は1人だけ泳ぐのが遅い水泳選手が,ターンを終えたほかの選手たちと反対方向に泳いでいるようなものだ」
 ---歴代政権は「行使できない」という立場です。
 「そう解釈してきたのは『自衛隊は自国の防衛にしか使いません,海外に出ることはありません』と強調し,合憲性を訴えるためだ。米国から海外派遣を迫られた時に,逃げる理屈としても都合がよかった」
 「憲法にも国連憲章にも,武力による威嚇または武力の行使は国際紛争を解決する手段としては放棄する,とある。米国に『あなたのやっていることは国際紛争を解決するための手段だから加われません』とストレートに断れば角が立つが,集団的自衛権が認められていないから,といえば圧力をそらせる。それを信じた一部の米国人が『集団的自衛権を認めてくれ』と言い,一部の日本人がそう思いこんだ。」
 ---首相は安全保障環境の悪化を指摘しています。
 「冷戦時代のソ連の脅威に比べればましだ。北朝鮮が核を使う確率は低い。核を持っているのは攻撃を受けないため。自分から使えば米国や韓国の反撃でつぶされるから,一応抑止はきいている」
 ---中国はどうですか。
 「中国が尖閣諸島の領有権を主張しながらも『棚上げでいい』と言うのは,日本の実効支配を認めるに等しい。互恵関係回復に妥当な落としどころだ。首相は中国包囲網をつくろうとしているようだが,米国,韓国,豪州は加わらず,成功しないだろう。安全保障の要諦は敵を減らすことだ。敵になりそうな相手はなんとか中立にすることが大切で,あえて敵を作るのは愚の骨頂だ。タカ派の平和ぼけは本当に危ない」 (聞き手・山下龍一)

<たおか・しゅんじ>
 1941年生まれ。68年から朝日新聞で防衛庁担当。編集委員,米ジョージタウン大戦略国際問題研究所主任研究員を歴任。現在は軍事ジャーナリスト。

【私の意見】Up63

 オバマ大統領がシリアに対する限定的な武力攻撃を決断しましたが,米国民の多くはこれに反対しています。米国は他国のために派遣される兵士の命・自国の経済的負担の重さと真剣に向きあわざるを得ません。好調な経済のもとで経済的協力の負担しかない日本や,日本国民が向きあうものとは越えがたい相違があります。自分の息子,夫,恋人が戦地に向かい命を失うリスクを承知の上でシリアに日本の兵員を送りこむ決意が,日本の政治家や日本国民に本当にあるのでしょうか。
 集団的自衛権という抽象的で甘美な言葉の中に,戦争,死という苛酷な現実をもみかくし,心地良い言葉だけが一人歩きしているように思います。中国,韓国と正面から向きあうことなく集団的自衛権という抽象的な表現のもとで憲法9条の解釈変更を迫るのは,田岡氏が指摘するとおりタカ派のきわめて危険な平和ボケ以外の何ものでもありません。
 これを封じる国民的世論を喚起していかなければいけないと思います。ただ、より危険なことは、タカ派政治家のみならず,かなりの国民も平和ボケの状態で危険水域をさまよっているという現実です。

|

« マンション法2 老朽長屋の取毀しは自由か? | トップページ | あつき君(孫)とイチ君(柴犬)と緊急ご協議? »

新聞記事」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« マンション法2 老朽長屋の取毀しは自由か? | トップページ | あつき君(孫)とイチ君(柴犬)と緊急ご協議? »