« 大手法律事務所の拡大路線に転機 | トップページ | 売れてる本 「新幹線お掃除の天使たち」 »

2012年10月30日 (火)

政治との距離に悩む米倉経団連

【政治との距離 悩む経団連】
                                 (2012年10月27日 日本経済新聞 より)

 自動車、鉄鋼、電機といった日本を代表する企業でつくる経団連が、政治との間合いを計りかねている。衆院選後の政権交代が現実味を帯びるなかで、かつてのように特定の政党へ支援を鮮明にできないでいる。新たな政権の枠組みを読み切れないためだ。経団連が政治的に中立の姿勢をいつどのように転換するか。政界は注視している。

【特定政党支持にリスク】

<対話で融和演出>

 「社会保障と税の一体改革をやれたのは、斬新な民主党政権だったからだ。高く評価している」。経団連の米倉弘昌会長は26日に開いた民主党首脳との政策懇談会で、賛辞を贈った。
 9月下旬に自民党と民主党で新たな執行部が発足。経団連はいち早く野党の自民党との政策対話を開いたため「経団連が自民党に回帰した」との観測が流れた。だが、26日の懇談会では経団連と民主党の双方が融和ムードを演出した。
 次の衆院選で経団連はどの政党を支持するのか。これまでは自民党の有力な支持母体だった。小泉政権時代には2005年の郵政解散で、奥田碩会長(当時)が構造改革を掲げる自民党への支持を鮮明にした。その経団連は今、自民党や民主党との関係は「等距離」だと強調している。
 衆院選後の政権の枠組みが読み切れない点が大きい。選挙の結果次第では自民・民主・公明の3党が連立与党になる可能性が残るほか、日本維新の会や石原新党などの第三極がどれくらい支持を受けるかも見通せない。
 経団連は政権交代をにらみ特定の政党に肩入れする政治的なリスクを意識しているようだ。政治の側からは、そんな経団連は頼りにならないと映る。政治的な「等距離外交」は経団連にとってもろ刃の剣ともいえる。
 経団連が支持する政党を判断する材料は、企業にとって有益な政策を実行してくれるかどうかに尽きる。

<民主離れは進む>

 社会保障と税の一体改革関連法が成立した後、経団連内では民主党政権を離れる空気が広がっているのは事実。決定的ともいえるのが「30年代原発稼働ゼロ」の方針を掲げたエネルギー政策だ。原発ゼロは弊害が大きいと米倉会長は批判を繰り返した。経団連が成長戦略の目玉として早期の交渉参加を求める環太平洋経済連携協定(TPP)も野田首相が交渉参加を正式に表明する日程すら見えない。
 かつて蜜月関係にあった自民党はどうか。原発ゼロに反対する姿勢こそ共有しているが、TPPでは隔たりが大きい。小泉政権の構造改革を全面的に支援した経団連と自民党の関係が容易に復活するとみる関係者は少ない。一方、小泉政権の構造改革に近い政策を掲げ、第三極の中心的な存在である日本維新の会と経団連を結び付ける糸口は今のところない。
 経団連は2009年、政治献金への関与をやめた。加盟企業からは「カネと票のどちらかの関与がなければ政治への影響力は戻らない」(商社)との声があがっている。

【私の意見】Up63

 解散、総選挙があれば、次は自民党政権とも言われている状況下で、経団連が自民党と民主党と等距離を置くのは自然です。自民党も民主党も中国に強硬な対応を推し進めたいタカ派ぞろいの中で、米倉弘昌会長が経済界の立場から民主党に日中関係修復を求めたのは意味の大きいことだと思います。米倉会長は2011年8月29日、民主党の代表が菅直人から野田佳彦氏に交代した際、「首から上の質が違う」と菅前首相を酷評し、財界の代表としての資質に疑問を呈されたことがあります。まあ、前会長の御手洗富士夫氏が安倍首相(当時)と二人三脚で憲法9条改正を推進しようとしたのと比べると、まだましかなと思います。経団連会長は経済人としての立場からものを言えばいいのであって、小泉政権時代の奥田碩会長、安倍政権時代の御手洗会長は、ともに経済人としてのあるべき領分を逸脱したと私は考えます。経済界の勢力図も大きく変わってきています。重厚長大型の製造業が経済の中軸の時代は終わりました。日本経済に占める製造業の比重が相対的に低下し,IT関連事業やサービス業の比重が上昇しています。旧経済団体連合会の第7代会長は東京電力出身の平岩外四氏(1990年12月~1994年5月)でしたが,今では東京電力出身の会長ということはあり得ないことでしょう。

|

« 大手法律事務所の拡大路線に転機 | トップページ | 売れてる本 「新幹線お掃除の天使たち」 »

新聞記事」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 大手法律事務所の拡大路線に転機 | トップページ | 売れてる本 「新幹線お掃除の天使たち」 »