« 日本が縮む。20~30代がとても可哀想! | トップページ | アジアの大国から日本が滑落の現実と将来 »

2010年12月20日 (月)

弁護士マイスター 志ある弁護士の自立支援

【弁護士数、初の3万人台に 15年で倍増 司法修習1949人合格】
                 (12月15日 日本経済新聞 より)

 最高裁は15日、司法修習を終えた2039人を対象にした卒業試験(考試)で、1949人が合格したと発表した。日弁連によると、今月1日時点での弁護士数は2万8868人。今回の合格者の多くが弁護士登録するとみら、弁護士数は初めて3万人の大台に乗ることになる。
 合格者数を大幅に増やした新司法試験の導入をはじめ、司法制度改革は法曹人口の増加を中核に据えている。弁護士数は1995年の約1万5千人から、15年でほぼ倍増した。
 ただ競争激化で弁護士の就職難も目立ってきており、宇都宮健児日弁連会長は法曹人口について「ペースダウンが必要」と指摘。
 財政負担増を理由に11月から廃止されることになっていた司法修習生への国費による給費制度は、日弁連の反対などの結果、1年間の継続が決まった。
 今回の考試で不合格になったのは90人で、受験者数に占める割合は約4.4%。最高裁は「真に必要な能力を測った結果」と説明している。

【マイスター】
                 (ウィキペディア(wikipedia)より)

マイスター (Meister) 制度はドイツの産業発展に大きな役割を果たしてきたとされる資格制度である。

<概要>
マイスターになるには見習い工として就職しながら職業学校に通い若しくは1年間のワルツ(放浪修行)で専門知識や技術を習得し、次段階の熟練工の試験を受け、熟練工になった後も3 - 5年間技術の研修を積んでマイスター試験を受ける。

<現状>
現在のドイツではほとんどの職種でマイスター制度は廃止されている。しかし、現在でも電気工事士や煙突掃除夫など市民生活の安全に関連した職種については法律によりマイスターの資格が無いと開業できない。
ワルツ期間中はいかなる事情・理由があろうとも出身地の半径50km以内には立ち入れない規定まであり(親族の死に目にさえ立ち会えない)、最近では「ワルツ義務は時代遅れでは」との声が上がり始めている。

<日本>
日本においては、労働者の技能を検定する国家検定制度として技能検定制度があり、技能検定に合格したものは技能士と称することができる。社団法人全国技能者会連合会は、特級、1級、あるいは単一等級の技能士で、20年以上の実務経験があり、すぐれた技能実績を持ち、後進の育成および技能伝承に熱心なものを全技連マイスターと認定している。さらに技能が卓越しており、全国で第一人者と認められる者は、厚生労働大臣によって「現代の名工」として表彰される。

【弁護士マイスター】

 弁護士マイスターは若い弁護士が志のある「名工」として自立することを支援する制度として私が造った新語です。ただし○○マイスター法律事務所というのはすでにあります。私自身は若い人たちに偉そうなことを言えるような立場にはなく、若い弁護士の中に私より優秀な弁護士は少なくありません。ただ私も経験だけは弁護士歴が42年目です。亀の甲より年の功ということわざもあります。若手弁護士にとって就職難の時は先輩弁護士にもゆとりがありません。私たちの世代は先輩弁護士の仕事ぶりを見ながら育つことができましたが、そんな機会にも恵まれない弁護士も少なくありません。弁護士相互の経験交流ができるようになればそれだけでも意味あることと思って、まずは試験的に研究・交流会をもってみようかと思いました。

<第1回研究・交流会>

 ■日  時 2011年1月15日(土) 午前9:30~12:00(受付9:10~)
 ■場  所 月島区民館 3階5号室
        (東京都中央区月島二丁目8番11号)  
 ■参加者 弁護士または司法修習生
        ※若手弁護士に限りません。法律家以外の方も興味があればご参加ください。
 ■申込先 銀座通り法律事務所までメールかFAX・電話にてお問い合わせください。
        TEL:03-5568-7601 FAX:03-5568-7607
        E-mail:画像で表示しています 
 ■その他 参加者はA4 2枚程度で自己紹介と現在扱ってい
        る案件や勉強したい内容をまとめ、前日までに
        事務局までお送りください。配布は弁護士だけに
限定 しますが、配付を希望されない
        方はその旨お申し出ください。

 急な企画なのでどの程度の人数の方が参加するか未定ですが、たとえ少人数でも試験的にやってみたいと思います。

 

 

|

« 日本が縮む。20~30代がとても可哀想! | トップページ | アジアの大国から日本が滑落の現実と将来 »

その他」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 日本が縮む。20~30代がとても可哀想! | トップページ | アジアの大国から日本が滑落の現実と将来 »