« 移民と築く街の将来 日本前へ | トップページ | 経団連会長に米倉氏 国民益踏まえ提言を »

2010年1月18日 (月)

小沢幹事長続投 首相も党も一丸の異様

                    (1月17日 朝日新聞 社説 )

【小沢幹事長続投―首相も党も一丸の異様】

 土地取引をめぐる政治資金規正法違反の疑いで元秘書の衆院議員ら3人が逮捕された小沢一郎・民主党幹事長が、辞任しないと表明した。鳩山由紀夫首相もこれを了承した。
 一切の説明を避けてきた小沢氏は、きのうの民主党大会でようやく疑惑について公に語った。土地購入に充てた4億円は個人資金を積み立てたもので、不正なお金ではないと述べた。
 さらに検察の捜査手法を批判し、「日本の民主主義は暗澹(あんたん)たるものになってしまう」「断固戦う」と対決姿勢をあらわにした。
 そんな小沢氏に、鳩山首相は「信じています。どうぞ戦ってください」と話したという。党大会では、汚職事件の被告となっている鈴木宗男・新党大地代表が来賓としてあいさつし、持論の「国策捜査」批判をぶちあげ、会場から大きな拍手を浴びた。
 小沢氏が一個人として、一政治家として、検察と「戦う」のは自由だ。だが、首相や党が挙げて応援するかのような一枚岩ぶりは何とも異様だ。
 しかも、小沢氏から納得できる説明が尽くされたとは到底言い難い。
 4億円という個人資産はどうやって形成されたのか。不正な資金でないなら、なぜ偽装工作とも疑われるような複雑な会計処理をしたのか。ダム工事の下請け受注に絡んで、中堅ゼネコンの元幹部が供述しているという5千万円のヤミ献金疑惑についても、納得できる説明はなかった。小沢氏は改めて記者会見を開き、もっと具体的に説明すべきだ。
 首相も党の幹部たちも、疑惑の中身がきちんと解明されないのに、なぜ手放しで小沢氏を支援するのか。
 何より、小沢氏が鳩山政権の最高実力者であるためだろう。政権交代の立役者だ。批判すれば、選挙で不利なことにならないか。安定した政権運営や夏の参院選での勝利には、小沢氏の力が欠かせないという思いもあるにちがいない。
 だが、そうした内向きの論理や思惑を有権者が納得してくれると考えているとすれば、ひどい思い違いではなかろうか。
 国会開会直前というタイミングで現職議員を含む小沢氏の側近3人を逮捕した検察の手法は確かに異例だ。検察当局にも国民への説明責任がある。しかし、首相と政権党が一丸となってその検察と「対決」するかのような構図は、国民の理解をはるかに超える。
 鳩山首相は、この異様さをどう考えているのだろうか。捜査の進展次第で政権が、党が重大な影響を受ける恐れがあるだけではない。事件はあくまで司法の場で決着をつけるべきことである。一方的に肩入れするかのような軽い姿勢は許されない。首相はこのけじめをはっきりさせるべきだ。

【私の意見】Up63

 ウーン。 (次の言葉が出ません)
 ヨーロッパなどの教会の搭上には鶏を形どった風見が設置されています。これが本来の意味の風見鶏です。ここから転じて定見を持たず大勢の動向にすぐ順応する人を風見鶏とやゆします。鳩山由紀夫氏は小沢一郎氏の意向で東を向いたり南を向いたりし、風見鶏の典型です。
 風見鶏総理の大先輩は中曽根康弘氏です。中曽根が総理になった当初は、田中曽根内閣とやゆされました。しかし中曽根は旧海軍あがりの政治家で田中角栄よりもはるかに右翼的政治家でした。総理になると次から次へと右翼的自分の考えにそった政策を実行しました。総理になってまもなく田中角栄が脳こうそくで倒れたことで一層わが道を進むことができました。一方鳩山首相は首相になるまで小沢一郎の剛腕に頼ってきたのは勿論のこと首相になった後も小沢のご意向伺いの政治を行っています。
 風見鶏総理でも中曽根はその良し悪しは別として強い思想をもっていました。鳩山には民主主義政治を基本にすえた友愛政治を実現するという信念があるのかどうかおおいに疑問をもたざるを得なくなりました。

|

« 移民と築く街の将来 日本前へ | トップページ | 経団連会長に米倉氏 国民益踏まえ提言を »

新聞記事」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 移民と築く街の将来 日本前へ | トップページ | 経団連会長に米倉氏 国民益踏まえ提言を »