« 合唱と若山超さんコンサートのお知らせ | トップページ | 寒々雇用の受け皿と心細い鳩山首相の腕力 »

2009年10月26日 (月)

熱演!若山さん濱田朝美さんと4人の先生

【みんなで楽しむお話の会と若山超さんコンサートを開催】

 10月18日のブログでご紹介したコンサートを開催しました。
  ・日時 10月24日(土)13時30分~16時
  ・場所 音楽堂anoano
 私は主催者である障害児・者人権ネットワークの理事の1人ですが、聴衆の1人として参加し、感動しました。

【第1部 お話と合唱】 13時30分~15時

 出演していただいた元教師の佐藤静子さん、鶴見篤子さん、藤田敏子さんは個性豊かで愛情豊かな方々でした。チラシに掲載されている3人の方のプロフィールを引用し紹介します。

<佐藤静子さん>
  元小学校教諭。現在は日大医学部付属病院内で親の会である「げんきの会」と協力しながら、読み語りや学習指導のボランティアを行っている。担任をした病気のあきこちゃんが亡くなるまでの交流は児童作家の宮川ひろさんの手により「天使のいる教室」という児童書になっている。サトパン先生と呼ばれる。

 <鶴見篤子さん> 
  元小学校音楽教諭。現在NPO法人日本アコーディオン協会事務局次長。
 板橋区内で蔵王の水と国産大豆を使った豆腐づくりを障害をもつ人と共に行う
 「はらから会」の理事。子どもと音楽が大好きで、音楽にかかわっているうちに音楽専科ではなかったのに、音楽の先生になってしまったという。

 <藤田敏子さん>
  元小学校教諭。この本だいすきの会板橋支部代表。本の魅力にとりつかれ、
 読みがたりの活動に熱心に取り組む。担任になった子供たちは皆、本が大好きになってしまう。ことば遊びで子供達のこころを鷲づかみにする。自称か他称か、「フジドジ」という呼び名も。おちゃめな○才。

 「天使のいる教室」という児童書を私は知りませんでした。小児がんのあきこちゃんの担任のサトパン先生が佐藤静子さんでした。あきこちゃんは亡くなりましたが、あきこちゃんが亡くなる前にクラスメイトと一緒に精一杯歌ったぼくのひこうきを、クラスメイトたちは(今は24歳)毎年歌っているとのことです。

「ぼくのひこうき」

 作詞:風車雪子
 作曲:浅野義高

1.大空に翼を
  広げて飛んで行く
  ぼくたちの夢乗せて
  地球を飛び越えて
  どこまでもゆこうよ
 ※ララ みんなと手を取って
   さあ 明るい明日へ
   小さな手を離れ
   今旅立つ時がきた
   さあ飛んで行け
   ぼくのひこうき
2.幸せを乗せて
  どこまで飛んで行く
  愛の歌口ずさむ
  僕らの未来こめ
  いつまでもうたおう
 ※くりかえし

 鶴見篤子さんのアコーディオンの伴奏で参加者全員で合唱しましたが、私は亡くなったあきこちゃんやあきこちゃんを支えてきたクラスメイトたちのことを想像し歌っているうちに涙がひざの上にポロポロと落ちてきました。
 3人の元教師の方々は私たちの会に参加できたことを喜んでおられましたが、私たちも先生方と会うことができてよかったと思います。日本にもぬくもりが残っていると思うとうれしくなりました。

【第2部 若山超(たかし)さんコンサート】 15時10分~16時

 超さんは2年前のコンサートの後体調を崩し、体調が万全ではなかったようです。なかなか演奏に乗れない超さんを伴奏者の関守先生が懸命に支え、超さんは後半は前回同様力強く演奏し、歌もうたってくれました。超さんをできるだけ引き出そうとする関守先生の姿に感動しました。

【懇親会に難病と闘いながら歌う「濱田朝美」さん熱唱】 16時15分~19時30分

 歌手濱田朝美(はまだあさみ)さんがコンサートに参加、懇親会では「生涯たった一つの母との約束」を熱唱していただきました。
 濱田さんのプロフィールをチラシから引用します。

濱田朝美(はまだ あさみ)
1981年10月2日 宮崎県生まれ。
24時間の完全介護が必要な身体障害と言語障害を持ちながらも、母との約束である「歌手になってNHK紅白歌合戦に出場」を目指して、日々路上ライブを中心に歌手活動を展開中。原因不明の障害が日々進行し続ける中、夢に向かって頑張っています。
命尽きるまで歌い続けます。よろしくお願いします。
2009年9月17日 光文社より自分の半生を綴った自叙伝「日本一ヘタな歌手」を出版。
同時に楽曲「生涯 ~たった一つの母との約束~」をリリース。

■濱田さんのブログ
http://ameblo.jp/sakura-smile-for-you/
■濱田さんのホームページ
http://1st.geocities.jp/hamada_asami/

【私の感想】Up63

 NPO法人障害児・者人権ネットワークのこれまでの集まりは身内で制度とか権利とかを議論することがほとんどでした。楽しくさまざまな人と交りあって楽しく会をもつことの意味の大きさを感じた1日でした。

|

« 合唱と若山超さんコンサートのお知らせ | トップページ | 寒々雇用の受け皿と心細い鳩山首相の腕力 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 熱演!若山さん濱田朝美さんと4人の先生:

« 合唱と若山超さんコンサートのお知らせ | トップページ | 寒々雇用の受け皿と心細い鳩山首相の腕力 »