« 台湾(高雄・台北)を旅して | トップページ | 清水ブログを始めて1年がたちました »

2007年11月24日 (土)

鬼塚家エチオピアに100万ドル支援

               (ユニセフ協会からのお知らせ より)

【アシックス創業者 鬼塚喜八郎氏ご家族
     エチオピアの子どもたちへ100万ドルのご支援】

 子どもからアスリートまで幅広く愛用されるシューズ、ウェアを有するアシックス。
創業者である鬼塚喜八郎氏のご逝去に際し、ユニセフは、ご家族より、エチオピアの子どもたちへ100万ドルのご寄付をいただくこととなりました。この寄付金は、エチオピアの子どもたちの命を守る栄養プロジェクトへ役立てられます。

鬼塚氏は、戦後の混乱した社会で、新しい日本を担う次世代の青少年のために何かできないかと考えていたとき、「健全な身体に健全な精神があれかし」との格言と出会い、自らの原点、信念、経営理念と定めました。

「スポーツは、肉体を作るだけではなく、精神も育てる。スポーツマンの精神は人生にも通ずる。」鬼塚氏は、スポーツを通じた青少年の育成こそ、自分の使命と考え、バスケットボールシューズをはじめ、様々なスポーツで必要とされる靴を作り始めました。そして現在、アシックスのシューズは、学校の授業や部活からオリンピックに至るまで、また、子どもから大人まで、多くの人を足元から支えるようになり、2007年9月29日、鬼塚氏は、天寿を全うされました。

鬼塚氏亡き後、ご家族は「青少年の育成」に一生をささげた鬼塚氏のお志を、何かかたちにできないものかとお考えになりました。世界の青少年の育成を考えるなか、世界には今なお幼くして命の危機にさらされ、短い生涯を終えていく子どもたちの存在に気づかれたと聞きます。

【鬼塚氏とアベベ・ビキラ選手】

 具体的に支援を検討にあたり、エチオピアのマラソンランナーアベベ・ビキラ選手と鬼塚氏の親交が思い出されました。はだしの王者として有名だったアベベ選手に、「日本の道はガラスの破片があって危険だから」と言ってシューズを提供し、シューズをはいたアベベ選手が1961年の毎日マラソンで優勝したことは、ご記憶におありの方も多くいらっしゃるかと思います。今から40年以上前の出来事となりますが、二人の親交を改めてふりかえり、ご家族は、エチオピアの子どもたちを支援するために、ユニセフへ100万ドル(約1億1000万円相当)を寄付することを決定されました。

【私の感想】Up63

<鬼塚氏とご家族とノブレス・オブリージュ>

 鬼塚氏は生前から個人としての蓄財に無関心な方で、自社の株式は苦楽をともにした社員に分け与え、成功した創業経営者として受け取ったいわゆる創業者利益はわずかなものであった。鬼塚氏は受け取ったそのわずかな創業者利益をこれからの青少年のスポーツ育成に役立てたいと考えておられた。ご家族は生きることさえままならないアフリカ(エチオピア)の子どもたちに鬼塚氏のご遺志を伝えたいと考えユニセフへの寄付を決定された。
 日本は世界で最も豊かな国であり、モノがあふれ、水に恵まれ、安全に恵まれている。にもかかわらず私たち日本人は他者のことを思いやるゆとりを失い、日々を目の色を変えて生きている。アフリカの子どもたちの悲惨な状況をわかっていながら、日本人とアフリカの子どもたちとのつながりはとても薄い。鬼塚氏のご遺志をご家族がエチオピアの子どもたちへの食糧支援という形で深化されたのは大変意義大きいことである。この寄付はノブレス・オブリージュの典型であろう。

<鬼塚喜八郎さんとのお別れの会>

 鬼塚喜八郎さんとのお別れの会が11月22日(木)午前11時から神戸のポートピアホテルでもたれ参列した。鬼塚さんの足跡にそった映像が流され鬼塚さんの明るくてかん高い声を久しぶりに耳にすることができた。マリナーズのイチロー選手、有森裕子、高橋尚子、野口みずきなどの日本のメダリストや海外のメダリストたちが献花に訪れ、鬼塚氏がつくったシューズが世界を代表する数多くのスポーツ選手を輩出したことを印象付けられた。
 私個人としての思いとしては鬼塚喜八郎さんという飛びぬけてすぐれた人生の大先輩が健在であるということはとても心強かったし、なんとなくのんびりできた。でもそのすぐれた大先輩がいなくなるとぽっかりと穴があいたようであり、また自分で直に人生と向きあわなければならないような思いになって少し心細くなった。
 私にとり、鬼塚さんはあくまで遠い雲の上の人であったのに、それでもそのような思いをいだかせるところに鬼塚さんの人間としての大きさ、やさしさがあるのであろう。
 しかし時は残酷である。すぐれた大先輩も日々刻々と風化していくのをひしひしと感じ、一層淋しくなった。
   Bloimg_0248           Bloimg_0257  
鬼塚喜八郎さんとのお別れの会         鬼塚さんの直筆
             Bloimg_0255
鬼塚家のエチオピアの子どもたちへの支援についてのユニセフからの紹介と感謝状

|

« 台湾(高雄・台北)を旅して | トップページ | 清水ブログを始めて1年がたちました »

国際」カテゴリの記事

コメント

とても魅力的な記事でした。
また遊びに来ます!!

投稿: 履歴書の送り状 | 2013年5月29日 (水) 13時29分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 鬼塚家エチオピアに100万ドル支援:

« 台湾(高雄・台北)を旅して | トップページ | 清水ブログを始めて1年がたちました »