« さまよう15歳 成績「中ぐらい」層が崩壊 | トップページ | ニッポンの教育 かすむ志乏しい意欲 »

2007年6月 6日 (水)

自民憲法改正2010年発議を公約に明記

(6月5日 日本経済新聞 夕刊 より)

【改憲案2010年に発議】

 自民党は5日、7月の参院選に向けた政権公約(マニフェスト)を決めた。安倍晋三首相が争点に掲げる憲法改正について、2010年の国会での改正案発議を目標として明記。年金記録漏れ問題では「政府・与党一体で再発防止のための調査・検証を早急に行う」と対応を急ぐ方針を示した。人口減社会でも持続的に民間主導の成長を促進し、2%台半ばの実質成長を目指すとした。

 公約は「美しい国の礎を築く」「美しい社会と暮らしのために」「美しい郷土をつくる」「美しい国・日本の指針を世界に示す」の4章155項目で構成。

【自民参院選政権公約要旨】

1、 美しい国の礎を築く
 [新憲法制定] 2010年国会で憲法改正案を発議
 [安全保障] 官邸の司令塔機能強化のため国家安全保障会議を設置 秘密保持を強化 集団的自衛権問題を含め憲法との関係を整理し安全保障の法的基礎を再構築
 [行政改革案] 07年度をメドに消費税を含む税体系の抜本改革を実現 中央省庁再編後の状況を検証し改革
 [公務員制度改革] 官民人材交流センターを設置 人事制度全般を見直す改革基本法案を次期国会に提出 労働基本権など制度のあり方を幅広く検討
2、 美しい社会と暮らしのために (略)
3、 美しい郷土をつくる (略)
4、 美しい国・日本の指針を世界に示す (略)

【私の意見】Up63_31

<いつか来た道>
 憲法「改正」についての安倍晋三の執念があっという間に自民党の公約として堂々と明記されるまでに至りました。あれよ、あれよという感があります。しかも自衛隊を米軍とともに対等に闘える軍隊に改編することを彼らネオ・コン(新保守主義)政治家たちは本気でめざしています。私は年配の方たちが“日本はいつか来た道を歩みはじめている”と発言するのを聞いて、かつては“まさか今の日本人は誰も昔の軍国主義国家の復活を望んでいない”いつか来た道というのは大げさすぎると否定的に考えていました。しかし今は“いつか来た道を歩みはじめている”とひしひしと感じます。

<最強の国日本をつくり祖父たちの夢を実現へ>
 現在の日本の政治の中枢にいる2世、3世の政治家たちは戦争による悲惨と平和がもたらした幸福を真剣に考えるという政治家として当然で必要な冷静な判断能力を著しく欠いています。祖父信仰という非論理的なものが彼ら3世政治家をつき動かし、日本をおじいちゃんたちが夢見て果たせなかった世界最強の国ニッポンに変えようとしています。

<国民の慣れを狙っている>
 朝日新聞は自民党のマニフェストを「安倍首相が争点に掲げる憲法改正を冒頭にあげ、『2010年の改正案発議』を打ち出したが具体性は乏しく、急浮上した年金問題や生活対策にかじを切った形だ」と評していますが(6月5日同紙夕刊)、これは政権党の公約として冒頭に掲げられたことの重大性を甘く見すぎていると思います。公約を掲げていると日本国民は徐々にその公約に慣らされて抵抗感が次第に薄れるというのが悲しいかな現実です。日本国民の政治的、社会的成熟度は決して高いものではありません。
 平和ボケした日本人には憲法9条のありがたみがわからなくなっています。“北朝鮮の脅威”とか言われれば、“日本が侵略されないためにも強い軍隊をもたなければ”という考えにいとも簡単に流れる傾向があります。ネオ・コンたちは公約を3年間掲げれば日本国民がこれに慣れてくるのを狙っているのは明らかです。そして数の論理で有無を言わせず強行するのが彼らのいつもの手口です。

<この3年間に草の根の反対運動を着実にひろげよう>
 さあ、憲法9条をめぐる闘いは具体的な政治日程にのぼってきました。私たちはこれからの3年間憲法9条を一語たりとも変えさせない草の根の運動を着実に広げていきましょう。論ずるだけではなく行動で憲法9条を守らなければならない時がきました。

|

« さまよう15歳 成績「中ぐらい」層が崩壊 | トップページ | ニッポンの教育 かすむ志乏しい意欲 »

政治 経済」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 自民憲法改正2010年発議を公約に明記:

« さまよう15歳 成績「中ぐらい」層が崩壊 | トップページ | ニッポンの教育 かすむ志乏しい意欲 »