« 武家社会研究家 笠谷和比古さん | トップページ | 国民投票法案、波高し »

2007年2月18日 (日)

失われた世代に支援を

【格差是正】
(2月18日 朝日新聞より)

 政治が最優先で取り組むべき格差問題は何か。正社員と非正規の働き手との間に横たわる賃金や契約期間など処遇での差別こそが焦点だ。
正社員なら若い時期から会社の負担で能力を高められる。得意技や専門知識が身につけば、転職しての再チャレンジも難しくない。一方の非正規雇用は最初から不利な立場に置かれる。
 私たちの社会には、こうしたハンディを理不尽な形で負わされた仲間がいる。
就職氷河期といわれた90年代に就職活動をした25歳から35歳くらいの層だ。「ロストジェネレーション(失われた世代)」ともいわれる。
 バブル崩壊による不況のなか、企業はリストラを急いだ。過剰な設備や借り入れだけでなく、社員の採用も削り込んだ。本来なら若い社員に任す仕事を派遣社員や業務請負などが埋めた。
 身軽になり、競争力を取り戻した企業は、いま高収益を享受している。だが、就職にあぶれた人々は取り残された。
経済協力開発機構(OECD)の対日審査報告書は「格差拡大の主な要因は労働市場における二極化の拡大にある」とし、その固定化に強い懸念を表明した。
 神戸の大手アパレル、ワールドはパート約6千人のうち5千人ほどを正社員に登用した。年22億円のコスト増だが、「一生の仕事として取り組む人材を確保する」という将来をにらんだ戦略だ。
 こうした企業を増やし、低賃金の非正規雇用にあぐらをかく経営者に転換を迫ることで、失われた世代を支える仕組みを社会で考えたい。

ただ、若い世代の1年は、将来の何年にも相当することを忘れてはならない。効果のある支援策づくりを急ぎたい。

【キャノン、派遣・請負正社員化、後回し 新卒採用優先】
(2月18日 朝日新聞より)

 違法な「偽装請負」の是正策の一環として、請負・派遣労働者の一部を正社員に採用すると昨夏に表明していたキャノンが、その後半年間の検討を経て、当面は高校新卒者らの正社員採用を優先する方針に転換した。政府は、新卒一括採用システムの見直しや非正規労働者の正社員化の推進を重点課題にしているが、キャノンの方針転換はこうした流れに逆行しそうだ。
同社は非正規労働者の正社員化について「撤回したわけではなく、優秀な人がいたら採用する」という。ただ、その判断はグループ各社に委ねており、採用予定数も示していない。
 国内のキャノングループでは、昨年6月時点で製造にかかわる請負労働者が1万5千人、派遣労働者が約7500人いた。偽装請負解消に伴い派遣を増やしたため、昨年12月には請負が約1万2千人に減り、派遣が1万2500人に増えた。
 偽装請負をめぐっては、民主党が、日本経団連会長でもあるキャノンの御手洗富士夫会長を国会に参考人招致するよう求めている。

【私の意見】Up63_8

 キャノンがこのような状況であるならば、御手洗富士夫氏は経済財政諮問会議の委員としても日本経済団体連合会の会長としても任にふさわしくないと批判されてもやむを得ないと言えるでしょう。

-----------------------------------------------

■人と組織の勉強部屋
興風日記
■就職氷河期被害者.com
■「獏無想日記」
■所長のblog

|

« 武家社会研究家 笠谷和比古さん | トップページ | 国民投票法案、波高し »

新聞記事」カテゴリの記事

コメント

今夜のNTVのニュースで、若者がネットカフェで寝泊りしながら日雇い派遣を続けている実態が報じられていました。まだ20そこそこの娘さんもいました。自分が落ち込んでしまうくらいの衝撃でした。家族、雇用、福祉、住まいなどとは無縁で、それで居て人間として最低限の誇りを保とうとしているのは立派でした。なんでこんな世の中になってしまったんだと憤りがこみ上げて来ました。若者のホームレスです。
何か変です。日本が壊れ始めています。
妙に自信ありげで、さも戦後インテリの代表みたいな石原何某や任侠崩れの小泉、戦後成金の末裔坊ちゃん安倍の晋ちゃんが行政府のボスでは日本は決してよくならないと思います。額に汗し、日に焼け、手がささくれ立った肉体労働を経験したものが政治の頂点に立ってこそ、人の生活の痛みを心底理解して、人に優しい政治政策ができるのだと思います。インテリが主役になった世の中では真の幸せは訪れない。理屈では人は動かない。感動という言葉はあっても理動という言葉はない。
屁理屈の言い合いは辞めましょう。
今夜の画面の子供たちをどうやって救うのか。
若者のホームレス!?・・今の日本の現実だぁ~。
悲しい。

投稿: NOBUYAN | 2007年3月 8日 (木) 00時09分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 失われた世代に支援を:

» 退職願い・退職届け-書き方・挨拶・祝・記念品- [退職願い・退職届け-書き方・挨拶・祝・記念品-]
退職願い・退職届けの書き方・挨拶・祝・記念品などについて、分かりやすく解説しています。退職に必要な手続きや証明書、スピーチやあいさつ文、退職祝のプレゼントや贈り物などについても。... [続きを読む]

受信: 2007年5月 1日 (火) 23時09分

« 武家社会研究家 笠谷和比古さん | トップページ | 国民投票法案、波高し »