« 障害者雇用率のホームページ上の開示 | トップページ | 首相「残業代ゼロ」法案通常国会提出固執 »

2007年1月12日 (金)

米のイラク増兵日本政府が突出して支持

【米大統領イラクに米軍増兵を発表】
                                 
(1月11日朝日新聞夕刊より )

ブッシュ米大統領は10日夜(日本時間11日午前)、全米向けにテレビ演説をし、内戦状態のイラクの現状は「許容できない」との認識を示した上で、「過ちがあった点については、私に責任がある。戦略を変えなければならないのは明らかだ」と述べ、新戦略を発表した。イラク軍・警察を支援する目的で、イラク駐留米軍(現兵力約13万人余り)について、首都バグダッドに1月から段階的に投入される米陸軍5個旅団をはじめ、計約2万1千人増派する。

【これは危険な賭けだ】  (1月12日 朝日新聞 社説より)

イラク攻撃に踏み切った責任者として「敗北」は受け入れがたいということなのだろう。
しかし、有権者は秋の中間選挙で民主党を大勝させ、ブッシュ政権のイラク政策にノーをつきつけた。議会がつくった超党派のイラク研究グループも、段階的な撤退を前提に政策の抜本的な見直しを提言した。
そんな民意に真っ向から逆らう選択である。イラクでの作戦を指揮する米軍司令官らも増兵への疑問を公言していたが、大統領は彼らを更迭して今回の決定に突き進んだ。私たちは、この増兵は危険な賭けだと考える。

軍事力だけではイラクを再生できないことが、この4年ではっきりしたはずだ。米軍の駐留そのものが事態を悪くしている面もある。大統領はこの現実にまだ目を閉ざすつもりなのだろうか。増派がさらに犠牲をふやし、混乱を深刻にしないか。事態が良くなる保証は何もない。

米国はベトナム戦争で、最後は不名誉な撤退に追い込まれた。イラクでもその二の舞になりはしないか。

【イラク新政策に首相が期待表明】 
                                       (1月11日 日本経済新聞より)

ドイツ滞在中の安倍晋三首相は十日夜(日本時間十一日未明)、ブッシュ米大統領と約十分間、電話で協議した。大統領はイラク政策の見直し内容を説明し、治安安定に向けた決意を表明。首相は「米国の努力が効果的に進められ、よい成果を上げることを期待する」と応じた。同時に「今後も国際社会と協力し、イラクの復興支援に積極的に取り組む」と強調した。

【日英首脳会談】 
   - 安倍首相イラク支援継続強調、英とは温度差 -
                                              (1月10日 朝日新聞より)

両首相の会談は初めて。安倍首相は「イラク政府が治安改善などの困難を乗り越え、安定した国になることを期待する。我が国も航空自衛隊による輸送協力の継続や円借款の供与など積極的に関与する」と強調。ブレア首相は「イラク情勢は複雑だが、安定のために両国間で協力したい」と語るにとどめた。

【私の意見】

ブッシュ米大統領は「私に責任がある」と言っていますが、現実に命を失うのはイラク国民であり、米軍の若い兵士です。これについてどう責任がとれるのでしょうか。
日本の首相はどうしてここまでアメリカに追従する必要があるのでしょうか。安倍首相はブッシュ米大統領の盟友ブレア英首相よりも、またアメリカ国民よりもブッシュ大統領にエールを送っています。安倍首相にしろ小泉前首相にしろ、オウムがえしでエールを送ること
しかできない単細胞的な政治資質しかないことを物語っていますが、同時にそれを許している日本国民の質も問われます。

|

« 障害者雇用率のホームページ上の開示 | トップページ | 首相「残業代ゼロ」法案通常国会提出固執 »

新聞記事」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 米のイラク増兵日本政府が突出して支持:

» ◆近頃のニュース『イラク新政策』 [Say Anything!]
先日、アメリカのイラク新政策が発表されました。 その内容は米兵2万2000人の増派を中心とした、これまで以上にイラク情勢に介入を強めるものでした。今日はそのニュースを聞いて僕が感じたことを書きたいと思います。 ブッシュ米大統領はイラク新政策の中で、これまでのイラク政策の失敗を認め、「失敗の責任は私にある」と述べています。そして、その失敗を取り戻すための政策が米兵の2万人増派というわけです。 確か... [続きを読む]

受信: 2007年1月13日 (土) 09時10分

» ブッシュの迷走とノーテンキ坊ちゃん [残 照]
サダム・フセインの処刑後イラク国内の治安情勢は悪化の一途をたどっているようだ。無論スンニ派からの処刑への抗議としての対抗暴力が激化していることもあるが、それ以上に米軍、およびイラク治安部隊による掃討作戦という名の軍事的攻勢が火に油を注ぐものとなっているようだ。(去る9日にはバグダッド中心部で50人を殺害し、21人を拘束した) 年明け10日に全米向けTVのカメラの前に立ったジョージ・ブッシュの顔つきは青ざめていた。何となく卑猥な感じを与える皮肉まじりの笑顔も好きにはなれないが、今回の演説での苦々... [続きを読む]

受信: 2007年1月14日 (日) 21時01分

« 障害者雇用率のホームページ上の開示 | トップページ | 首相「残業代ゼロ」法案通常国会提出固執 »