« 米のイラク増兵日本政府が突出して支持 | トップページ | パート差別禁止対象限定 法改正案要綱 »

2007年1月12日 (金)

首相「残業代ゼロ」法案通常国会提出固執

(1月12日朝日新聞 朝刊より)

一定条件の会社員を労働時間規制の対象外にし残業代をなくす「ホワイトカラー・エグゼンプション」(WE)導入に向け、政府は関連法案を通常国会に提出する方針にかじを切った。参院選を控え「サラリーマンを敵に回す」などと与党内からも批判を浴び、提出見送り論もあった中、あえて論議を深めようと首相官邸が決断した。だが、提出は容認しても、成立は先送りさせる意見が与党内の大勢。

民主党が25日開会の通常国会を「格差是正国会」と位置づける中、安倍首相が掲げる「成長戦略」や「再チャレンジ」促進の一翼を担うものだ。
参院選に向けてこうした政策を訴えたい首相にとって、反発が強くてもWE論議を避ける選択肢はなかった。首相は欧州訪問を前に、塩崎氏に「与党ときっちり話し合い、理解を得てほしい」と指示。11日には、訪問先のブリュッセルで記者団に「国民的な理解、労働者の理解も得なければならない」と強調した。

首相はWE導入の意義を「家族そろって食卓を囲むという時間はもっと必要ではないか」と語る。企業が活性化し、生活にもゆとりができるという明るい側面を演出しようと躍起だ。
「『ホワイトカラー休日確保法』とか『休日家族サービス法』という名前にすればよかった」厚労省幹部は、こう漏らしている。 

おもな発言
安倍首相の発言:家で過ごす時間は、例えば少子化(対策)にとっても必要。ワーク・ライフ・バランス(仕事と生活の調和)を見直していくべきだ。

御手洗富士夫・日本経団連会長の発言:多様な働き方の一つとしてぜひ採り入れたいので承認してもらいたい。

【私の意見】

安倍発言は1月6日のブログでもご紹介しました。
お粗末としか言いようがありません。御手洗日本経団連会長につい
ては海外経験も豊富なのでもう少し広い視野で経済界をリードしてく
れるのかなと私は当初期待していました。しかし単なる輸出主導型
大企業という利益団体の代表、目先のことしか考えない人であるこ
とを知りがっかりしました。かつての財界のリーダーは多少大企業
ががまんしても大所高所から日本の将来を考えるふところの深さが
あったように思います。
厚生労働省幹部の「『ホワイトカラー休日確保法』『休日家族サービ
ス法』という名前にすればよかった」という発言、唖然とします。いつ
も欺まん的法律をつくっていることを自白しているようなものです。
首相も日本経済界首脳も官僚も労働者とその家族(ということは国
民のほとんど)にどのような深刻な影響を与えるかについて、心を
痛めるということはないということです。
通常国会に提出して、WEに国民を徐々に慣れさせておいて、参院
選後の国会で一気に成立させるという政府と自民党のシナリオが
見え見えです。そして残念なことに多くの国民が「あ、成立してしま
ったのね。」で終わってしまうことです。
このような動きに反対する行動をとらないということは法案成立に
手を貸すと同じことだという思いが日本人には欠けすぎています。

------------------------------------------------

■社会と医療=本音のカルテ=
■護憲+グループ・ごまめのブログ
■らんきーブログ
■トラックバック・ピープル「安倍晋三」

|

« 米のイラク増兵日本政府が突出して支持 | トップページ | パート差別禁止対象限定 法改正案要綱 »

新聞記事」カテゴリの記事

コメント

清水様
トラバをありがとうございます。

医師ブログでもWEが問題になっていました。
とりあえず、国会に上程されずよかったです。

でも、財界と政府の執念は簡単に引っ込めるようなのもではありません。

その背後には、アメリカの財界の執拗な要求があるのだと思います。

しかし、国民の声が力になることも分かりました

投稿: 北のCOMOS | 2007年1月18日 (木) 01時39分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 首相「残業代ゼロ」法案通常国会提出固執:

» 残業代不払い法は、三角合併で日本企業をM&Aする外資企業への、売国奴自民党からのプレゼントの側面もある。 [雑談日記(徒然なるままに、。)]
 (時刻 01:16:これから寝ます、明朝入力予定、三角合併を調べていて寒気がし [続きを読む]

受信: 2007年1月24日 (水) 00時32分

« 米のイラク増兵日本政府が突出して支持 | トップページ | パート差別禁止対象限定 法改正案要綱 »