« 論文 | トップページ | 「新会社法を活かす企業未来塾」第三回定例会 »

2006年12月 1日 (金)

クローズアップ現代の放送

11月30日放送,NHKのクローズアップ現代「急増する働き盛りの“うつ病”」
は,うつ病で苦しんでいる働き盛りの人たちに希望を与える番組としては,とてもよかったと思います。 
後半に登場した企業は企業のあるべき姿としてこの番組のビデオを有効に使えると思いました。
 
働くうつの人のための弁護団も5分間位紹介されました。
番組の後半に登場したうつ病の予防やうつ病の労働者の職場復帰に積極的に取り組む企業はまだ少数です。うつ病を発症した労働者の個人責任として職場から排除しようとする企業が今なお後をたちません。
働くうつの人のための弁護団は,そのような企業に対して仁王さまのようにがんと立って労働者を守っていきたいと思います。

ちょっと残念なのは,番組全体の流れの中では,弁護団の取り組みがむかしむかし話のように異質にうつる感がありました。弁護団に寄せられる相談は,今現在進行中のホットなものばかりだということをご理解ください。

この番組をこまめに足をはこびつくりあげ,弁護団を紹介してくれたNHKの若き女性ディレクターに感謝します。

|

« 論文 | トップページ | 「新会社法を活かす企業未来塾」第三回定例会 »

うつ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 論文 | トップページ | 「新会社法を活かす企業未来塾」第三回定例会 »