« 次回公開講座のお知らせ | トップページ | 障害者自立支援法の欺瞞 »

2006年12月22日 (金)

神戸高校第14回生東京同窓会

【お母さん,それは同窓会って言わないよ!】

           Koubekoukou

私は1962年3月に兵庫県立神戸高等学校を卒業しました。私たちの学年は第14回生で五百数十名が卒業し,その内約150名が在京です。
27年位前に第14回生東京同窓会をつくりました。
定例会を1年に3~4回もち,勉強会,文化祭,美術鑑賞会,夕食会,忘年会をもっています。

12月9日(土)夕方からマンダリンオリエンタル東京で今年最後の集まりとして忘年会をもちました。

定例会以外にも,ハイク14(ハイキング),俳句14,絵画クラブ,神高ゴルフ14などのサークルができています。

私の事務所が事務局で俳句14の句会の場所になったり,絵画クラブの美術室になったりして,事務所には高校の友人がいつも訪れています。
高校は男性2,女性1の割合の男女共学で,在校時はフォークダンスの時間がとても多かったのですが,男子の6分の1は女子役になります。女子役になったときはいつも男性と手をつないだり,腕を組んでスキップをする悲しい時間でした。

第14回生東京同窓会はたびたび集まるので,女性の同窓生が娘さんに「今日は同窓会よ」と言って出掛けようとすると,娘さんから「お母さん,それは同窓会って言わないよ!」と言われたそうです。

神戸高校校歌の3番の歌詞は,
わこうどは
 うたごえをみそらにみてよ
 きみみずや
 人生のはじめにおいて
 わがともと
 きざむいのちのときどきを
 歴史のいとにあざないて
 とうとからずやわれらあり

です。
“人生のはじめにおいて”というくだりを歌うとき,
ああ人生のはじめかとかすかな感動をおぼえながら歌いましたが,もう人生のはじめとは言えない年令になってきました。
それだけに余計今後は同窓会(?!)がたびたび開かれることでしょう。

|

« 次回公開講座のお知らせ | トップページ | 障害者自立支援法の欺瞞 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

安野君と前田君に会報誌への寄稿を依頼されました。送付先メールアドレス教えて下さい。

投稿: 西村征男 | 2011年3月 8日 (火) 14時27分

清水様;
同期の瓜田洋治さんと連絡を取りたいと思っています。まことに勝手なお願いですが、本人に渋谷までメールをくれるようにご連絡いただきたく、お願い申し上げます。
渋谷昌男

投稿: 渋谷昌男 | 2016年3月20日 (日) 14時45分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 次回公開講座のお知らせ | トップページ | 障害者自立支援法の欺瞞 »